go top

蜂の子はうつに効く

蜂の子はアミノ酸やビタミン、ミネラルを豊富に含み、美容や健康に優れた食品です。健康増進作用やトリプトファンがうつの改善にも効果をもたらしてくれます。今回は、蜂の子がどのようにうつに作用するのかをご説明します。

うつとは

うつは、生活環境や身体状況などにより生じる精神障害の一種です。不眠や食欲低下、意欲・精神活動の低下、抑うつ気分などの症状がありますが、複合的な要因が絡んでおり、原因の特定が難しく、診断や効果的な治療の難しい病気です。

蜂の子がうつを改善

軽度のうつであれば、蜂の子の健康増進作用や精神安定効果のあるトリプトファンの働きにより改善が期待できます。

健康増進が疲労やストレスを軽減

蜂の子にはアミノ酸やビタミン、ミネラルが豊富に含まれており、代謝を促進し健康を増進してくれます。代謝の促進には疲労回復やエネルギーの生成作用を高めますので、疲れにくい身体を作ってくれます。疲労が回復すると精神的なストレスも軽減されます。食欲増進、睡眠改善などにもつながり、神経を鎮静化してくれます。アミノ酸類の成長ホルモン分泌活性化作用はその働きを促進してくれます。

精神を安定させるトリプトファン

蜂の子に含まれる必須アミノ酸の一種トリプトファンは、脳内でビタミンB6やナイアシン、マグネシウムなどとともに神経伝達物質セロトニンの原料となります。セロトニンには睡眠効果や精神安定作用、松果体ではメラトニンに変換されて体内時計をリセットして睡眠サイクルを整える働きがあります。これらの働きが生活のリズムや睡眠を規則正しく導くことから、ストレス軽減・精神面の鎮静化、そしてうつの改善に効果があると考えられています。アメリカでは天然の催眠剤としてトリプトファンを精神安定効果が必要な人たちの医療用としても使われています。蜂の子の摂取により得られるトリプトファンは薬剤ではありませんので即効性はありませんが、天然由来のものですから安全性も高いものです。

蜂の子は継続的に摂取することでうつの予防や改善が期待できます。しかし、偏った食習慣や不規則な生活習慣の見直しもうつの改善には大切なことです。