go top

蜂の子の佃煮とアレンジレシピ

蜂の子の佃煮は伝統的な調理法で最も広く食べられています。調理も簡単で、そのままご飯にのせてもおいしく、いろいろな料理にアレンジもしやすい調理法です。今回は、蜂の子の佃煮の作り方、アレンジレシピをご紹介します。

蜂の子の佃煮の作り方

蜂の子の佃煮のレシピはとても簡単です。材料は、蜂の子、水、醤油、砂糖、みりん、酒です。
材料をすべて鍋に入れ、弱火で煮ます。焦がさないように時々混ぜながら煮詰めます。できるだけ形を崩さないようにやさしく、タレがよく絡むように混ぜます。へらなどを使うと、形は崩れにくいようです。タレが良く絡んだら、出来上がりです。タレが少し残る程度にすると、いろいろなアレンジ料理にも使えます。

アレンジレシピ

炊き込みご飯

蜂の子の炊き込みご飯は、蜂の子の佃煮と一緒に普段と同じようにご飯を炊くだけでも十分おいしくできます。ゴボウやニンジン、キノコ類など好みの野菜を軽く炒めて加えて炊くと、栄養バランスや風味がいっそうよくなります。

大根おろしや豆腐のトッピング

大根おろしや豆腐のトッピングにも最適です。蜂の子の佃煮をタレと一緒にのせると、醤油などを使う必要はなく、おいしく食べられます。野菜サラダや納豆などいろいろな食材のトッピングに利用できます。

蜂の子のだし巻き卵

溶いた卵に蜂の子の佃煮とタレに多少の水を加えて焼きます。玉子焼き機に薄く油をひいて焼くだけです。とてもシンプルですが、栄養価の高い一品になります。

和風ピザ

醤油ベースの和風ピザのトッピング食材の一つにもなります。肉類の代わりに使うと、脂肪は少なく、栄養豊富でヘルシーなピザになります。

炒め物

オクラやシシトウなどのシンプルな炒め物にも利用できます。野菜をよく炒めて合わせると、味付けもできますので、それ以外の調味料を使う必要もありません。

蜂の子の佃煮は少しタレを多めに作ると、調味料代わりにも使える優れものです。少し加えるだけで栄養バランスもよくなりますので、ぜひ、お試しください。